注文住宅

「より良いものを」創りたい気持ちはお客様と同じです。

弊社注文住宅の特徴

注文住宅の流れ

土地探し・建替え→設計→施工→アフター

Point1
お客様の土地の状況を確認させて頂き、役所にて法的制限の調査を致します。
Point2
敷地条件に合わせお客様のニーズを盛り込んだプラン作成を致します。
Point3
住宅設備機器の大型ショールームにて弊社スタッフと実物を見ながら選んで頂きます。
Point4
内・外装のみならず、コンセント・スイッチ1つまでお客様と綿密な、お打ち合わせを致します。
Point5
お客様のご希望により、高気密高断熱住宅(トステム(LIXIL)スーパーウォール工法)もご提案できます。

標準仕様

高品質 低価格

注文住宅の物件でも弊社オリジナルの仕様を使用することでワンランク上の設備をご提案することができます。

標準仕様はこちら

様々な土地・敷地

三角の土地

こんな敷地にどんな建物が建つのかな?

三角形敷地の形状を生かして平面形状は台形の設計です。三角形の敷地は四角形の敷地より、見方によっては一辺の長さが長いのでプラン次第で快適な住宅を手に入れられる可能性は高まります。斜め部分にリビングを配置することでより広く開放的な空間にしました。

図面(96KB)

三角の敷地に4LDK

変形した土地

敷地って四角じゃないとダメなの?

90度にこだわらないことで変形した敷地でもプランは十分可能。室内では、あまり斜めは気になりません。変形部分に収納、TV置場、棚等をうまく配置することにより生活スペースを有効に利用できるようにしました。敷地の個性を生かした臨機応変な設計です。

図面(100KB)

六角形の敷地

狭小敷地

敷地が狭いと希望の間取りは諦めなきゃいけないの?

東京都内には狭小敷地の有効利用のニーズがとても多いのです。狭くても十分に生活空間を確保することは可能です。無駄の無いスペース利用と使いやすさも考えた設計は狭小敷地であっても十分な生活スペースを可能にします。どんな敷地であっても、より良い設計を提案しています。

図面(100KB)

敷地16坪4LDK

縦長の敷地

北向きで細長い敷地…明るいリビングは可能なの?

南北に細長い敷地ですが、生活空間は十分に確保できます。生活の中心を2階とし、南側にリビング、北側に水廻りを設けることにより1階・3階の寝室などのプライベート空間を独立させました。リビングの南側には通常の窓の3倍の明るさと言われている『トップライト』を3台設けることにより、明るさを確保しました。いわゆる「うなぎの寝床」のような敷地でも十分な住宅設計が可能です。

図面(104KB)

間口2間の3階建て

弊社のモデルハウスについて

弊社は、モデルハウスを併設しており来場されたお客様に実際の設備、商品を見て触れていただき、安心してお打ち合わせをしております。
お子様連れでも安心してお越し下さい!! アクセスはこちら